審美歯科診療の費用のまとめ

どれほどお金がかかる?審美歯科診療

>

自由診療と医療費控除について学ぼう

保険診療と自由診療

たびたび話題になりますが、審美歯科での治療は保険が適用にならないものがほとんどです。虫歯や歯周病などの病気を治すものや、入れ歯で書けた歯を補完するようなものは保険がききますが、見た目をよくする治療には保険がききません。
審美性を目的とした治療は自由診療となります。

ですので、歯科医院ごとに治療費用が変わってきます。
医院の設備、材料費などで費用がふくらむこともあります。
費用の目安を念頭に置いて、歯科医院選びをしなくてはなりません。

また歯科医院によっては治療後にトラブルが発生したときに保証をもうけているところもあります。治療後の保証が欲しい場合は、医院によって違いがあるのでよく調べておく必要があります。

医療費控除

歯科治療に関して、医療費控除の対象になります。
一般的に支出される水準を著しく超えない金額について控除の対象になると明記されています。
保険のきかない自由診療において、治療費がかなり高額になる場合がありますが、このような場合は一般的とは認められずに医療費控除の対象にはなりません。
ただし、控除対象となるものもあります。

入れ歯や被せ物に使う金やポーセレン(セラミック)は治療材料として一般的といえるために、医療費の控除対象になります。

また、子どもの歯列矯正は、年齢やその目的から歯列矯正が必要であるとされ、医療費控除の対象になります。見た目をよくするための歯列矯正は医療費の控除対象になりません。

これらの医療費控除の申請には確定申告が必要です。

どの治療が医療費控除の対象になるかは、歯科医院に確認しておくことが良いでしょう。